原発に関する知識

人間は危険なゴミを10万年も管理できますか?

更新日:

10万年って、とんな時間?

原発から出たゴミは、高い熱と放射線をもっています。
危険な放射能が安全なレベルに下がるまでには、なんと10万年もかかるのです。
10万年前、人類はまだネアンデルタール人の時代でした。
また地球は、ほぽ10万年の周期で氷河期になり、カナダやスカンジナピアは、厚さ3500m以上の「氷床」とよばれる広大な氷河に覆われました。

約20億年前から変わらない安定大陸の岩盤/今も動いている日本の変動帯の地層

いまフィンランドでは、18億年間前から安定大陸となっている固い岩盤を掘って、そこに核廃棄物を埋める地層処分か行われようとしています。
確かに岩盤は安定していますが、巨大な氷床ができたり、とけたりすると、固い岩盤も数百m隆起したり沈降するので、その影響が心配されています。

(小野有五、1997年『山のひみつ』(自然をみつける物語・第3巻)、岩波書店に加筆)

北海道の幌延でも、地層処分研究がされていますが、日本は列島全体が新しい変動帯にありますから、どこを掘っても地層処分は不可能ともいえます。
幌延の地下にも活断層が推定されています。

(地震調査研究本部による)http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/hokkaido/p01_chubu.htm

[出典]泊原発の廃炉をめざす会(2014)『知ってましたか? 原発をやめたほうが得する8つの理由』

-原発に関する知識

Copyright© 泊原発の廃炉をめざす札幌北区の会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.