活動報告

2016/9/12 札幌市における「泊発電所の安全対策等に関する地域説明会」 開催についての再要請を実施

更新日:

2016年9月12日(月)、当会と札幌市各区住民有志は北海道電力に対し「札幌市における『泊発電所の安全対策等に関する地域説明会』開催についての再要請書」を提出しました。

8月9日(火)、北海道電力に対して、札幌市各区における「泊発電所の安全対策等に関する地域説明会」開催についての要請を行いました。
これに対し8月30日(火)に北海道電力から回答が届きました。
しかし、回答内容にいくつか問題があったことから、今回北海道電力に対し再要請を行いました。

2016年9月12日(月)14時30分、北海道電力本社において、当会と札幌市各区住民有志から北海道電力に対し「札幌市における『泊発電所の安全対策等に関する地域説明会』開催についての再要請書」を提出しました。
北海道電力からは、「18日に説明会を開催するというのが当社の回答ですが、受理し、社内で検討します。」との言葉が述べられました。

同日15時30分から、道庁記者クラブにおいて記者会見を行いました。

今回の再要請に至るまでの経過

8月9日の要請と北海道電力からの回答

8月9日(火)、北海道電力に対して、札幌市各区における「泊発電所の安全対策等に関する地域説明会」開催についての要請行動を行いました。

当サイト内参考記事

それに対し、8月30日(火)に北海道電力から回答が来ました。

当サイト内参考記事

北海道電力からの回答内容の問題点

回答内容に幾つかの問題点がありました。

要請したが回答がない事項がある

要請したものの、回答がなされなかった事項がありました。

1点目は、回答の内容について当会と懇談の機会を設けるを希望したにもかかわらず、それに対する回答がなかったことです。
2点目は、札幌市各区において説明会を開催するよう要請したにもかかわらず、各区開催についての言及がなかったことです。

9月18日開催予定の「泊発電所の安全対策等に関する説明会(於:札幌市)」についての問題

回答には9月18日に「泊発電所の安全対策等に関する説明会(於:札幌市)」が開催されることが示されていましたが、この説明会の内容についていくつかの問題があります。

1点目は、対象が全道民であるにもかかわらず、札幌で1度、600人を対象に説明会を開催するとなっており、全道民に対する説明会を1度で行うことは妥当でないという点です。
2点目は、連休の中日に開催するれば多くの出席は望めす配慮に欠けるという点です。
3点目は、600人対象という大会場では参加者が納得のいくような質疑応答ができないという点です。
4点目は、説明会の申し込み期間がわずか15日という短期日であり、広く道民に周知できないという点です。

北海道電力ウェブサイト内の参考ページ

今回の再要請内容

今回の再要請では、以下の事項を要請しました。

  1. 札幌市各区において、泊発電所の安全対策等についての説明会を開催すること。
  2. 各区における説明会においては、十分な広報期間と広報手段により、広く周知を行ったうえで開催すること。
  3. 各区における説明会では、市民の多様な生活のあり方を考慮し、さまざまな場所と時間帯における細やかな開催を行うこと。
  4. 各区民が泊原子力発電所の安全対策等について不安が払しょくされるまで質問をし、納得のいく回答を得ることができるよう、双方向の進行を心がけること。
  5. 各区における説明会にさきだって、説明会のあり方に関し、私たちとの懇談の機会を設けること。
  6. 9月18日の説明会において、道民が、泊原子力発電所の安全対策等について不安が払しょくされるまで質問をし、納得のいく回答を得ることができるよう、双方向の進行を心がけること。

札幌市における『泊発電所の安全対策等に関する地域説明会』開催についての再要請書(本文)

2016年9月12日

北海道電力株式会社代表取締役社長  真弓 明彦 殿

原発の廃炉をめざす札幌北区の会
札幌市各区住民有志

 

札幌市における「泊発電所の安全対策等に関する地域説明会」
開催についての再要請書

 

 当会と各区有志が本年8月9日に提出した要請書に対しての回答を、貴社から8月30日付でいただきました。

 貴社が私たち札幌市民や秋元札幌市長、高橋はるみ知事の要請を受けて「泊発電所の安全対策等に関する説明会」を開催されることを評価いたします。しかし、当会と各区有志の要請書では、回答の内容に関する貴社と私たちとの懇談の機会を設けていただくことを希望したにもかかわらず、それに対する回答がありませんでした。そのことについて、遺憾の意を表します。

 また、私たちが札幌市各区において説明会を開催していただくよう強く要請したにもかかわらず、回答には各区開催についての言及がありませんでした。

 回答に添付されたチラシ「泊発電所の安全対策等に関する説明会(於:札幌市)の開催について」を見ますと、対象が全道民であるにもかかわらず、札幌で1度、600人を対象に説明会を開催するとなっています。547万人の道民に対する説明会を1度で行うことが妥当でないことは言うまでもなく、連休の中日に開催することも貴社が多くの出席を希望されるのであれば配慮に欠けるといえます。また一方600人対象という大会場では、参加者が納得のいくようなきめこまやかな質疑応答が可能とも思えません。説明会の申し込み期間もわずか15日という短期日であり、広く道民に周知したとはとても言えません。

 以上のようなことから泊発電所の安全対策等についての説明会について、以下のように再度強く要請いたします。

1.札幌市各区において、泊発電所の安全対策等についての説明会を開催していただくよう要請いたします。

2.各区における説明会においては、十分な広報期間と広報手段により、広く周知を行ったうえで開催されるよう要請いたします。

3.各区における説明会では、市民の多様な生活のあり方を考慮し、さまざまな場所と時間帯における細やかな開催を要請いたします。

4.各区民が泊原子力発電所の安全対策等について不安が払しょくされるまで質問をし、納得のいく回答を得ることができるよう、双方向の進行を心がけられることを要請します。

5.各区における説明会にさきだって、説明会のあり方に関し、私たちとの懇談の機会を設けていただくことを要請いたします。

6.9月18日の説明会において、道民が、泊原子力発電所の安全対策等について不安が払しょくされるまで質問をし、納得のいく回答を得ることができるよう、双方向の進行を心がけられることを要請いたします。

-活動報告

Copyright© 泊原発の廃炉をめざす札幌北区の会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.